商品情報にスキップ
1 / 1

三浦卓也(ミウラタクヤ)

広告を自分で運用するための基礎の基礎を叩き込む3回ワークショップ

通常価格
¥49,800 JPY
通常価格
¥51,250 JPY
セール価格
¥49,800 JPY

Facebook広告を自分で運用するための基礎の基礎を叩き込む、3回の講座を気合い入れてやります。お付き合いいただける方お付き合いください。

 

  • 売れるコピーを徹底的に洗い出す
  • Facebook広告を実際に出稿する
  • ターゲティングを選ぶ
  • 広告を出きた後の検証を一緒に行う
  • 一気に予算を上げる時に並走する

 

※今回の参加者のターゲットは、商品ページがある程度整っている、Facebook広告に出したことがある、Facebook広告をもう少し伸ばしたいと言う方々が対象です。

 

「日予算を踏めない
meta広告伸ばしたい」

と悩む人は必須。

 

meta広告伸び悩む人の特徴

Facebook広告で挫折するポイントは大きく「①広告のキャッチコピーがぼんやりしている」「②検証の仕方がわからない」と「③一気に予算増やすのが不安」と言うポイント。

 

この3つを

 

  • 三浦がサポートする
  • 参加者同士のグループを作る

 

と言う方法で解決。

 

要は、

●ふんわりした言葉遣いではなく、ユーザーニーズからの刺さるクリエティブを考えられるようになるコツを教える。

 

⚫︎広告の効率的なクリエイティブの作り方を把握することができる。

 

⚫︎PDCAサイクルの回し方の判断基準を叩き込む、日予算をグッと上げる時の判断を三浦が一緒にやる。

 

とにかく、このワークショップの

 

受講が受け終わったあとに
meta広告運用の基礎が習得
できてる状態を目指す

 

予算なども自分で増やせるように、自分でPDCAを回せるようにする、meta広告を覚えるための徹底講座。

 

1回だと実現不可能だから3回に渡りやります。meta広告を叩き込みます。

 

三浦が想定してる対応としては

  • meta広告の管理画面見ます。
  • こっちからツッコミを入れます。
  • めっちゃ質問攻めにします。
  • 運営中に質問に答えます。
  • 予算あげろって言います。

 

三浦も気合を入れて「meta広告やってみなよ!こうやったら上手くいくよ!」ってハッパをかけます。チャレンジします。

 

とりあえず、めっちゃ一緒に運用の口を出します。お節介をします。

 

予算を上げる勇気を持てること。予算を上げるための基準を把握できていることを目指してます。

 

それを3回の講座と、LINEのグループを活用して達成できるように動きます。3回の講座終わった後もめっちゃ絡むと思います。

 

必要なもの

 

- Facebook広告アカウント
- 出稿用の広告予算(最大5万円程度
- 広告用のクリエイティブ
- 三浦にFacebook広告のアカウント権限を付与してもらいます。
- 成果を上げるという気合い(笑)

 

繰り返しますが、今回の講座の参加者は、Facebook広告をぐいっと伸ばしたい方々を参照にしています。

 

まだFacebook広告の設定ができてない、そもそもの基礎があまりわかってない人は難しい内容かもしれないです。

 

本講座はリアルタイムワークショップ形式。

 

限定5名。
3回の講座で
49,800円

 

開催日

①:2024年6月13日(木)17:00〜

②:2024年6月20日(木)17:00〜

③:2024年6月27日(木)17:00〜

 

事前に状況を伺った上で、参加可否の判断をさせていただきますので、興味ある方は決済をする前に三浦までLINEで相談ください。なんでも答えます。

>>三浦のLINE

 

決済完了後に「LINEのグループに招待」させていただきます。よろしくお願いします。

 

参加者さんの状況によりますが、マジで成果出せるので、開催します。 

Customer Reviews

Based on 1 review
100%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
Y
YK
Shopifyオープンしてから1番の売上に。

講座で広告設定した直後から売れ始め、オープンしてからの2年間で初めて月間の販売額が200万円を超えました。新規はほぼmeta広告からの売り上げです。実際の登録画面を見ながら広告を出稿し、今後の運用やクリエイティブのヒントまでもらえます。未受講だった10月とは比べものにならないほど広告が好調です。来月の繁忙期に向けて、また録画を見直してクリエイティブを追加していこうと思います。ありがとうございました!