売れる文章法則PASルール。

Facebookグループ参加くださまたみなさまありがとうございました!

コメント欄が見られないので、まだ難儀ですが、もし継続できそうであれば、毎朝のライブ配信続けたいと思いますので、引き続きよろしくお願いします^_^

さて、本日の本題です。

ライブ配信で話した「売れる文章の法則」最近三浦が使っている法則について書きますね。テンプレ的に使ってください。

P=Proble
A=Agitation
S=Solution

のながれ。

文章書く時って「どう書き出すか?」と「どうまとめるか?」っての悩みますよね「書くネタ」的なところで悩む。

実はECサイトや発信者が書くべき情報って「課題解決性」が必要で、情報が読んでくれた人や受け取り手の生活にプラスになることが不可欠。

たぶんEC運営してる人は「新しいご縁」を求めて情報発信をSNSとかでしてるはずなんですが、新しいご縁ってのは「なんとなく書いた文章」では、信頼されない、だからフォローもされない。

だから発信情報については「誰かの役に立つこと」を強く意識して書きましょう。

例えばダイエットであれば
「2週間でそこそこの食事制限で2キロ痩せたい」
ってニーズがあるとすると、

その人たちに「2キロ痩せる方法」を教えてあげるのが、フォローされるコツです。なので読み手の「問題点」を考えてあげて、それを提示してあげることが大事。

例えば、この文章の冒頭の「書くネタに困りませんか?」なども、立派な問題提起のパートです。問題を浮き彫りにしてAgitation(煽る)してあげる、そうすることで、問題意識を浮き彫りにして解決策を匂わせることで、「読まなきゃ!」って心理状態にする。

そして、その問題点に対して「Solution(解決策)」を提示してあげるということが、文章の流れとしてとても良い流れだと最近考えます。

P=Proble
A=Agitation
S=Solution

の流れで文章書くとすんなり「ターゲットの役に立つ文章」を書くことができるので、いっかいやってみてください。

世の中に文章のフレームワークは沢山あります。僕もいろんなフォーマットを調べたりしてきましたが、長すぎると覚えられないんですよね(笑

ってなった時に、このPASの法則は「文章で人の役に立つ」って意味合いでは、とてもわかりやすく、使いやすかったので、紹介しました。

それでもネタがないって人もいますけど、それはシンプルに「ターゲットの解像度が低い」からであって、ネタが思いつかない時はターゲットの解像度を上げるようにしてみましょう。

コメントを残す